観光かまくら トイレとゴミ事情

アクセスカウンタ

zoom RSS ノルウエー世界遺産のごみ箱事情 鎌倉はこのままで良いのだろうか?

<<   作成日時 : 2012/12/23 16:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

世界遺産ベルゲンの木造家屋とその周辺を見て、ごみ・排せつ物処理の当たり前の姿をお届けします。
なんどでもしつこく申しますが、世界から訪れす訪問客にごみを持って帰れとどうして言えるのですか?
消費行動を起こしてもらえば、必ずごみは出るのです。
画像

これがブリツゲンノ世界遺産前のごみ箱です。   誰が使うのか!  もちろん観光客が優先して使います。
画像

ベルゲンの港を見下ろす高台の観光地はケーブルで上がります。  もちろん地元の人も上りますが、多くは観光客で街の収入源としてもガンバッっています。   ここには観光客相手の売店と同時に立派なトイレとゴミ箱
画像

そして港を見下ろす眺望のよい広場にはちょっと数えて10個のごみ箱が点在します。
画像

沿岸急行でノルウエーを北極圏に向かいました。  みなと港に寄りながら進む沿岸急行は、地方の生命線であり観光客を運ぶ最大の交通機関です。  行く先々でごみ箱とトイレには脱帽です。
オーレンスの待ちで見たごみ箱事情はこの通り!
画像

ボドーで見た雪の中の遊園地とトイレの様子をお見せしましょう
画像

画像

まだあります、寒冷地でも大丈夫なトイレです。  子供を大切にるノルウエーの面目躍如たるものを感じます
何しろ、遠距離列車には必ず子供用の遊戯車両が連結されるお国柄、遊園地にはトイレがあり私たち観光客も大変助かります。
画像

観光鎌倉の行政担当諸氏にお願いします。  世界遺産の実態を見てください。  どうして観光客が家までごみを持って帰れるのですか?    市民が汚すとしたら、学校教育から始めるべきです。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノルウエー世界遺産のごみ箱事情 鎌倉はこのままで良いのだろうか? 観光かまくら トイレとゴミ事情 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる