観光かまくら トイレとゴミ事情

アクセスカウンタ

zoom RSS ロシア=この、ごみ箱と公衆トイレの先進国

<<   作成日時 : 2012/10/24 21:42   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

見てみないと、現場に行かないと思い違いがあるものです。    「クレムリン」はモスクワにだけあるものと思い込んでいましたし「赤い広場」と聞けば、何とはなしに共産党につながるオドロオドロした響きを持っていました。
旅行専門誌には「地下鉄内撮影禁止」シャッターを切ると手が後ろに回るような解説もあり、何とも怖い国と言う印象がぬぐえません(10年前に解禁になっていました)。
画像

クレムリンは城塞のこと、昔地方ごとの教会が城砦を巡らして外敵から住民を保護したのだそうで、ロシア中にクレムリン(城砦)があることを初めて知りました。
そして驚いたのが、観光地における公衆トイレ(有料が多い)とごみ箱の数の多さと、その管理の徹底です。
画像

チャイコフスキーが白鳥の湖を作り上げた、女子修道院と池の周りは、市民の憩いの場が設けられ、ベンチごとに、ごみ箱が完備しています。
画像

地方都市に行っても、ほら見てください、このトイレとゴミ箱&手入れの素晴らしさを!
画像

画像

画像

最果ての地、キジー島にある木造教会でさえ、木製の腰掛とゴミ箱があるのには驚きました。
画像

今回のロシア旅では、自分の認識の甘さ・知識のなさに上乗せして、思い込みの危険を思い知らされました。
国が広くテロ活動のある国ですから、裏ではいろいろ監視活動もあるのでしょうが、少なくとも観光客を持て成す点では日本以上の投資が行われているように見えます。    まだまだインフラ整備は遅れているところが多いですが、すぐに追い越されそうです。
画像

都会には公園が多くて、しかもベンチの数とゴミ箱の数は絶対数が多いのですから参ります。  世界遺産鎌倉もこのくらいのレベルまでは頑張ってください。
画像

任意の入札にすれば、管理だって安くなるはず。    教会のトイレを有料で使わせていましたが、みんな定年過ぎのおばあさんが、内職に清掃しているとガイドさんが教えてくれました。   ロシアの田舎でこんな掃除ができて、鎌倉の町を清掃する車は、最近とんと見かけませんが?

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロシア=この、ごみ箱と公衆トイレの先進国 観光かまくら トイレとゴミ事情 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる