観光かまくら トイレとゴミ事情

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界遺産候補地と先輩世界遺産イスタンブールのゴミとトイレへの取り組み方の差

<<   作成日時 : 2009/10/12 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人の集まるところ「出物腫れ物、ところ嫌わず」のたとえ通り「トイレとごみは」逃げることの出来ない宿命的産物です。  世界遺産となれば、人出が増えるのは当然のこと、しかも遠隔地の人々がわざわざ、おいて下さることになります。  ゴミ処理とトイレは逃げてはいけない課題のはず。   鎌倉の市長さんが変わるとお聞きしましたが、なんとしても遠来の客を、人間生理の基本的な施策で暖かくお迎えしませよう。
画像

設備は管理が悪くては生きてきません。 使えば溜まり・使えば汚れるのは当然のことですから!
画像

さてお立ち会い!  トイレの標識は遠方から確認できます。  有料で良いのです、是非使いやすいモノを提供して下さい。
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界遺産候補地と先輩世界遺産イスタンブールのゴミとトイレへの取り組み方の差 観光かまくら トイレとゴミ事情 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる