観光かまくら トイレとゴミ事情

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界遺産の先輩、エジンバラの清掃を見る

<<   作成日時 : 2006/12/10 12:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「人が出れば、ごみも出る」ごみ箱は必需品だが最後はやはり「清掃と手入れ」に行き着いてしまいます。  エジンバラの町を昼から夜にかけて見てみました。  人出が静かになる夕暮れ時には清掃車が出動して町を磨くのは、西欧の世界遺産の町に共通した日常作業に見えます。 格好コンパクトで軽自動車ぐらいの小回りが利く清掃車から大型のものまで多種多様です。 エジンバラ城を見上げる公園のベンチには、ベンチの数だけごみ箱(黄色印)が並んでいます。
画像

広々とした公園のあちらこちらにベンチが置かれ、それらすべてにごみ箱が用意されています。
画像

大通りを入るとスコットランド特有のパブが並び、歩行者専用になった道路一杯に客席が出来ています。 こんな道路にも公設のごみ箱が見えるのは流石です。
画像

どんなにごみ箱が整備されてもやはり最後は清掃が欠かせません。 人出が減った夕暮れか早朝に清掃車が出動するのは西欧の観光地では必ず見られる日常作業なのです。
画像

画像

残念ながら、我が観光鎌倉で清掃車にお目にかかる機会は極く稀で、県の道路清掃が年に一回ぐらいあるでしょうか?  世界遺産で売り出すにはやはり元手がかかります、市のお偉いさん達は視察旅行に行かれて何を見て来るのでしょうね。  

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界遺産の先輩、エジンバラの清掃を見る 観光かまくら トイレとゴミ事情 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる